ものもらいは感染しません

一般消費者、眼鏡作製技能士を志す方に向けて

Last Updated on 2年 by 管理者

麦粒腫』とは俗に『モノモライ』といいます。

結膜疾患というよりも、眼瞼疾患となります。

まぶたの表側です。

まぶたの裏側(結膜)の疾患は、流行性結膜炎(俗にハヤリメ)などがありますよね。

眼瞼疾患

  • 眼瞼疾患
    • 眼瞼内反(内反症)
    • 眼瞼外反(外反症)
    • 兎眼
    • 麦粒腫
    • 霰粒腫
    • 眼瞼炎
    • 眼部帯状疱疹
    • 眼瞼痙攣
    • その他、疾患

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

  • 麦粒腫
    • 外麦粒腫・・・睫毛腺(Zeis腺、Moll腺)の急性化膿性炎症です。
    • 内麦粒腫・・・瞼板腺(Meibom腺)の急性化膿性炎症です。
  • 症状
    • 眼瞼の一部が発赤、腫脹、疼痛、(角膜浮腫)
  • 治療
    • 抗生物質の眼軟膏、内服、(切開排膿)

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

  • 霰粒腫・・・瞼板腺栓塞をもとに起こる、瞼板腺(Meibom腺)の慢性肉芽性炎症
  • 症状
    • 球状硬結
    • 疼痛は無し
    • 痛みや発赤がある急性霰粒腫もある
  • 治療
    • 切開搔爬(そうは)

眼瞼内反(内反症)

逆さまつ毛の原因となるものです。

眼瞼縁が内方に湾曲し、睫毛が眼球に接します。

角膜と結膜が刺激されますので、角膜びらん結膜炎を起こしやすくなります。

流涙や羞明(しゅうめい)があります。

  • 眼瞼内反
    • 睫毛内反
      • 小児で下眼瞼皮膚の過剰によるもの
      • 鼻側が多い
    • 老人性内反(加齢性内反)
      • 眼輪筋の緊張低下による
      • 眼瞼皮膚の弛緩による
    • 瘢痕(はんこん)性内反
      • 結膜・瞼板の瘢痕収縮による
      • 熱傷、腐触、トラコーマなど
    • 痙攣性内反
      • 眼輪筋の収縮による
  • 手術法
    • Hoz法・・・眼瞼皮膚を切開し、瞼板の一部を切除し、癒着させ、瞼縁の向きを変える方法
    • 河本法・・・瞼縁に近い皮膚と瞼板上部の縫合のみ

眼瞼外反(外反症)

瞼縁が外方へ湾曲し、眼瞼結膜が外へ露出します。

結膜の充血や肥厚を起こします。

重症になると、兎眼となります。

  • 眼瞼外反
    • 瘢痕性外反
      • 熱傷や腐触による、眼瞼皮膚の瘢痕収縮
    • 老人性外反(加齢外反)
      • 眼輪筋の緊張低下による
      • 眼瞼皮膚の弛緩による
      • 下眼瞼が下垂して起こる
    • 麻痺性外反
      • 眼輪筋麻痺(顔面神経麻痺)による
    • 痙攣性外反
      • 結膜が腫脹し、眼輪筋が収縮して起こる

兎眼(とがん)

瞼裂の閉鎖不全により起こります。

ひどい場合には角膜が露出し、角膜乾燥角膜潰瘍が起こります。

これを、兎眼性角膜炎といいます。

眼輪筋麻痺(顔面神経麻痺)、眼瞼欠損、眼瞼瘢痕、眼球突出などが原因となります。

  • 治療
    • 眼軟膏点眼、眼帯による角膜保護
    • 上下の眼瞼を一時的に縫合する眼瞼板縫合術
    • 皮膚移植や筋移植による形成手術

眼瞼炎

  • 眼瞼炎
    • 眼瞼皮膚炎・・・皮膚の炎症
      • 細菌やウイルス感染
      • 化粧品や薬品によるアレルギー
      • 湿疹などにより起こる
    • 眼瞼縁炎・・・眼瞼縁の炎症、発赤、瘙痒(そうよう)がある
      • 睫毛根部のブドウ球菌感染や体質で起こる
      • 慢性の場合には後遺症
    • 眼角眼瞼炎・・・眼角皮膚の炎症
      • Morax-Axenfeid双杆菌による
  • 治療
    • 抗生物質
    • 副腎皮質ステロイド薬眼軟膏

眼部帯状疱疹

帯状ヘルペスウイルスの感染によります。

三叉神経第1枝(眼神経)または、第2枝(上顎神経)領域に発生したものです。

特徴としては、皮膚発疹や水疱が生じます。

眼では、上皮性角膜炎に続き点状の上皮下混濁が起こります。

重症になると、びまん性角膜炎や虹彩毛様体炎、続発緑内障、視神経炎、眼筋麻痺を起こします。

  • 治療
    • 抗生物質
    • 副腎皮質ステロイド薬の局所および全身投与

眼瞼痙攣

眼輪筋の痙攣で、三叉神経刺激症状(結膜炎、角膜炎、異物など)、ヒステリー、チック(tick)などで起こります。

治療は、原因療法やボツリヌス毒素の眼輪筋注射などです。

その他の眼瞼疾患

  • その他の眼瞼疾患
    • 睫毛乱生・・・まつ毛の生え方が乱れている
    • 眼瞼皮膚弛緩・・・皮膚が薄く、伸展性がある
    • 潜伏眼球、無眼瞼・・・眼瞼下に形成不全の眼球が潜伏
    • 眼瞼欠損・・・通常、三角形の欠損
    • 内眼角贅皮(ぜいひ)・・・内眼角の皮膚が余分で、上眼瞼が内眼角を覆うもの。Down症候群にみられる
    • 眼縁癒着・・・上下の瞼縁が分離せず癒着している
    • 睫毛重生・・・まつ毛が二列に生えている
    • 眼瞼ミオキミア・・・瞼縁に近い部分が細かく振戦する。疲労やヒステリーなどで起こる
    • 眼瞼良性腫瘍
      • 皮様嚢腫
      • 黄色腫
      • 血管腫
        • 単純血管腫
        • 海綿状血管腫
      • 神経線維腫
    • 眼瞼悪性腫瘍・・・初期には霰粒腫との鑑別が必要
      • 基底細胞癌
      • 扁平上皮癌

コメント

タイトルとURLをコピーしました